そばかすの治療にはこれが効く!

クリニックで治す!レーザーやフラッシュ治療

まずは、レーザー治療という方法があります。レーザーでの治療は効果が大きく照射した部位が一度で良くなる場合もあります。しかし、レーザー照射後は、皮膚に赤みが出たりすることが多く、一定の期間はメイクができないこともあるのがデメリットです。治療が終わるのには、2~6ヶ月ほどの期間が必要です。
ふたつ目はフォトフェイシャルという治療法です。これはフラッシュを皮膚に照射して、そばかすを薄くしていくものです。レーザーとは違い、赤みやかさぶたなどが出にくいということが、フォトフェイシャルの魅力でしょう。このフラッシュは治療したい部分にだけ吸収されるため、周りの肌を傷付けないので安心です。1回の照射で治療が終わることはあまりなく、3~5回程度は通うことになります。

クリニックで治す!投薬や超音波

イオン導入でそばかすを改善することも出来ます。イオンや超音波でビタミンCやビタミンAを皮膚に浸透させるという治療法になります。ビタミンCやビタミンAには強い美白効果がありますので、その効果でそばかすが薄くなるという仕組みです。一般的には、フォトフェイシャルと併せて行われることが多い治療法です。イオン導入はダメージを与えませんので、肌に優しいというのが魅力です。1~2週間に1回程度の導入を10回程度行う方が多くなっています。
投薬でそばかすを薄くする方法もあります。投薬治療の場合は、トラネキサム酸というそばかすを防止する薬が処方されることが多いようです。トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で美白効果が認められているためそばかすにも効果があると言われています。