原因を知って対策を練ろう!そばかすケアに大事なこと

シミとの違いそばかすができる原因とは

そばかすは正式には「雀卵斑」といい、肌にできる主な原因は遺伝によるものです。他の原因としては、女性ホルモンのバランスの変化、ストレス、睡眠不足などがあります。そばかすとよく似たものに肌のシミがありますが、こちらは紫外線を浴びすぎたことによるダメージやニキビ跡の炎症、加齢など生活習慣による後天的なものが主な原因となってできます。そばかすの大きさはシミよりも小さくて鼻や頬にできやすいという特徴があります。顔以外にできる場合もあり、シミとは逆に加齢と共に目立たなくなることもあります。思春期に入った頃にでき始め、思春期を過ぎる頃に自然に消えることもありますが、シミと同様に紫外線を浴びすぎると濃くなる性質を持っています。

生活のあちこちでできるそばかすのケア

そばかすに対するケアとして、まず増やさないようにするために紫外線対策をしっかりします。夏のみならず冬でも紫外線は降り注いでいます。外出する時は日焼け止めをまんべんなく塗り、帽子や日傘も使うようにしましょう。洗顔を丁寧に行うことはもちろんですが、美白化粧品を使って肌の中でメラニンが生成されるのを抑えることもそばかす対策になります。ストレスをためると女性ホルモンのバランスが崩れ、色素細胞が刺激されてそばかすが悪化するので、日頃からリラックスを心がけることも大事です。また、肌の代謝をよくする栄養素(ビタミンCやコラーゲンなど)が含まれた食事を積極的に摂る習慣をつけるのも良いことです。日常生活において様々な工夫をしても改善される様子がない場合は美容皮膚科に相談することも考えましょう。