いつのまに!そばかすってどうしてできるの?

紫外線がつくりだすメラニン色素がそばかすのもと!

そばかすとは、目の周りや頬の上のほうに散らばるように現れる茶色い斑点を指します。そばかすの原因は子どもと大人では異なります。子どもの場合、遺伝的な要素が大きく、思春期を過ぎると自然に消えることもあります。大人になってからできるそばかすは、主に紫外線ダメージや生活習慣が原因となっています。
紫外線ダメージとは日焼けのこと。日焼けをすると、そばかすのもととなるメラニン色素が生成されます。通常、メラニン色素は肌のターンオーバーによって自然に排出されますが、ターンオーバーが乱れて排出が滞るとメラニン色素が蓄積され、そばかすとなって肌の表面に現れてしまうのです。
紫外線は初夏から夏にかけて非常に多くなります。でも、秋や冬でも紫外線はなくなるわけではありません。また、曇りの日でも一定量の紫外線が届いています。そばかすの予防には、季節や天候に関わりなくUVケアを続けることが必要となります。

間違ったケアや睡眠不足、ストレスも原因に!

そばかすの原因となる生活習慣とは、間違ったスキンケアやバランスの悪い食生活、疲労、睡眠不足、精神的なストレスなどを指します。間違ったスキンケアとは、洗顔時の摩擦や過度なピーリングなどで肌に刺激を与えることです。こうした肌への刺激によってもメラニン色素が生成されることがあります。バランスの悪い食生活とは、ビタミンやミネラルなどの栄養が不足した状態です。
できるだけ肌の負担にならない丁寧なクレンジングや洗顔を心掛け、保湿ケアを十分に行いましょう。日常のお手入れに、メラニン色素の生成を抑える美白化粧品をプラスするのもおすすめです。また、野菜や果物、ナッツなどを取り入れ、バランスのよい食事を心掛けましょう。生活にオンとオフのメリハリをつけ、疲れや睡眠不足を持ちこさない習慣づくりも大切です。適度なスポーツでストレスを発散すれば、そばかす予防だけでなく、健康全般の効果が期待できます。